興信所依頼WEB

防犯にも使える興信所

最近、自分の身の回りを誰かに見られている気がするといったことはありませんか?
勘違いかも知れないと思うのは、危機意識が低いのではないでしょうか?

近年で問題となることが多いことに、ストーカー被害があります。最近の調査では、年間に警察などへストーカー被害の相談や訴えがあった件数は2000件以上といわれており、その中でも被害の報告をする人の多くが、女性なのです。

ストーカーと一口に言いますが、そのストーカー行為にはいくつかの行動の形態があり、付き纏いなどもあれば、連続電話、汚物の送付などなど様々なものあります。

この行為の中には、相手のプライバシーを除いたり、盗み聞いたりする盗撮や盗聴といった行為で、ストーカー行為をする者までいます。

この盗撮、盗聴行為にたいして、自分は大丈夫と思っている人も多いのですが、気が付かないうちにそれらの盗聴、盗撮の機器を家の中に取り付けられていることもあるのです。

そんな行為を防ぐため、防犯意識を高く持つことが大切です。
そして、興信所でも防犯対策を依頼しておこなってもらうことも出来ます。

興信所では、盗聴、盗撮機器の発見調査をおこなっている業者も多数あり、これらの機器は素人の目では見つけることが難しい場所に隠されていることが多く、専門の発見器を用いて、興信所に見つけてもらという手段を取ることが出来るのです。